openseaでNFTを出品する時に必要なMetaMask(メタマスク)の使い方を図解で解説
シンプルなやり方で必要な部分のみ簡単に出来るよう説明しています。

この記事で出来る事

1 メタマスクのインストール

2 メタマスクの設定

3 GMOコインより少額のテスト送金

1 メタマスクのインストール

MetaMask(メタマスク)はGoogl echromeの拡張機能となります。
パソコンであれスマホであれ入っていると思いますがない方はこちら

Googlec hrome

(ファイヤーフォックス等もサポートしていますが基本はGoogle chromeが安定しています)

メタマスクのサイトにアクセス

偽サイトがあるようですので以下からどうぞ

metamask

A crypto wallet & gateway to blockchain apps | MetaMask

Download now に進みインストールします

今回はパソコンのchromeにします

一応他もサポートされているようですがchromeが一般的です

拡張機能を追加

これがインストールとなります

確認画面でOK

追加します

追加されたので開始

インストールは完了です開始しましょう

ツールバーの右上に狐のアイコンが追加されます

2 メタマスクの設定

ウォレットを作成
ウォレット(財布)を作成します
はじめてなのでウォレットの作成へと進みます

同意して進む

パスワードを作成

パスワードを作成します
忘れると面倒なのできちんと保管しましょう

使用条件を読んで同意し作成

リカバリーフレーズについて確認

動画は英語なので見ても見なくても構いませんが秘密のフレーズについて大切さを解説しています
バックアップのフレーズを決めるので次へ進みます

リカバリーフレーズを表示

秘密の言葉を表示させます
とても大切なもので次でチェックされるのでメモやスクショしておきましょう
(これは絶対誰にも教えてはいけないものとなります)

表示されている順番で並べます

バックアップフレーズの確認

先程の文章と同じ順番でブロックを並べていきます
順番を間違えても中で動かせます
ブロックを並べて先程のリカバリーフレーズと同じにします

テスト合格

リカバリーフレーズはとても大切なので必ずパスワードなどと共に保管しましょう
また取引の最中にも絶対教えてはいけません
当たり前の様に聞いて財産を奪う輩が増えている様ですので気を付けて下さい

MetaMask(メタマスク)の画面

ポップアップが出たりしますがお知らせなので進んで大丈夫です

こちらがメインの画面で赤枠部分が自分のアドレスとなります
スマホでも上部に表示されクリック、タップ、するだけでアドレスはコピーされます
間違いがあると二度と戻ってこないのでコピーペーストでやり取りするのが通常です

注意点

バックアップフレーズは絶対に教えてはいけません

次回よりメタマスクを起動する際は上部のアイコンをクリックする


若しくはopenseaなどの場合自動的に起動するなどがあります

パソコンの場合右上に開きパスワードを入力します
一例としてopenseaの場合この様な画面が出ます
MetaMask(メタマスク)を選択すると自動的にMetaMask(メタマスク)が起動します

ここまででMetaMask(メタマスク) あなたの財布を用意する事が出来ました


3 GMOコインより少額のテスト送金(任意)

コインチェックをおすすめしているサイトが多いですが結構な額の送金手数料がかかります
GMOコインの場合その手数料が無料です
自分の口座からMetaMask(メタマスク) 財布に移動するだけで数千円とかとられると馬鹿らしいですよね
暗号資産の販売所は用途によって使い分けた方が良いかと思います
まだGMOコインを登録されていない方はこちら

GMOコインにログイン

GMOコインにログイン

ポイント
コインチェック等他の販売所をお使いの方は沢山情報がありますのでそちらを参照して下さい
暗号資産の少額送金テストは任意ですがはじめて送金する際にミスがあると戻ってくる事はほぼありません

安全を確認する為にも
1 少額で送金しアドレスを登録
2 着金を確認し本格的に送金
といった手順を踏みます

送金には手数料がかかりますのでやりたくない方はやらなくても構いませんが失敗すると戻ってこないのは暗号資産の常識です

今回GMOコインでやっているのは送金手数料が無料だからです
しかし最小の送金額が0.01ETHといった決まりがあります
相場にもよりますが2~3万から送金可能といった決まりです

これを回避する方法もお教えいたします
まだGMOコインを登録されていない方はこちら

日本円を入金した状態です

開設がまだの方や入金方法が分からない方はこちらの記事を参照して下さい
目次より入金方法を解説しています

入出金⇒暗号資産と進みます

自分のMetaMask(メタマスク)に3000円程度0.01ETH送ってみます

まずは送金先(自分のメタマスクのアドレス)を登録します

裏技ポイント

本来 送金手数料は無料なのですが 最小が0.1 ETH / 回といった決まりがあります。
それだと仮にETHの相場が25万円程度だったとして2万5000円以上じゃないと送れないといった事になりますよね?

画像は試しに0.001と入力した例です

そこでこの注意書きを利用します。
調べても分かりにくいですが全額なら0.1ETHに満たなくてもOKと言う事です。

つまり10ETH持っていて0.01ETHだけ送る事は出来ません
逆に0.01ETHしか持っていなければ全額として送れると言う事です

最初に0.01ETHだけ購入したのは(別ページ)そういった意味合いからです

銘柄を選ぶ

今回イーサリアムを選びます

預入の画面になるので送付に切り替える

「新しい宛先を追加する」で追加

パソコンでもスマホでもMetaMask(メタマスク)の上部にあるのでコピーします

名称(ニックネーム)部分はご自身が分かりやすい物なら何でもOKです
銀行振り込みの振込先登録と同じ感じです

下のアドレスの部分にMetaMask(メタマスク)からコピーしたアドレスを貼り付け登録します
(間違うと戻ってこないのでコピーペーストをお勧めします)

登録するとこういった形で送れるようになります

メタマスクのアカウントを選択し送付数量を入力します
この場合0.03ETHあるので0.01だけ送ろうと思っても送れません
少額なら全額の0.03ETH送る必要があります

私はまず日本円で1万円程を入金
相場を見て3000円程度をETHに変換(この時の相場で0.01に変換)
0.01(全額)をMetaMask(メタマスク)にテスト送金
着金反映されていることを確認してから次回は登録済みのリストからMetaMask(メタマスク)を選び送金しました

SMSで二段階認証コードを受け取り入力
スマホにコードが届くので入力し確認画面へと進みます

こういった形で届きます(番号は毎回違います)

MetaMask(メタマスク)確認

MetaMask(メタマスク)を起動して反映されているか確認します
時間帯によっては多少時間がかかる場合があります

次回からは宛先の登録は必要なくMetaMask(メタマスク)を選択して送金できます
暗号資産の相場は日々変動していますので安いなと思った時に購入し送ると良いかと思います
因みに今後openseaでNFTを販売する時にガス代といったものがかかりますが0.05ETH以下だと足らないかもといった画面が出ます

最後に注意点

この状態まですませopenseaで作品を並べておき販売するタイミングを待つ方も多いです
因みに画像ではガス代と呼ばれるものが大体15000円ほどかかると言われています
このガス代もすぐに乱高下します

昔 数百円
最近 安い時8000円前後 高い時は30000円とか

因みに10万円超えるような時もありますのでそんな時は無理せずタイミングをずらしましょう


ETH自体の相場にもよりますしガス代はタイミングにもよります
ガス代については長くなるので別で解説します

ここではGMOコインから確実に自分のMetaMask(メタマスク)に指定した金額を送れるようにしましょう
因みにGMOコインからMetaMask(メタマスク)へは無料で送れますが逆はガス代がかかります

これを待っている間にopenseaの設定や作品を作る事は可能ですので次はopenseaの開設に移ります

0.05ETHっていくらくらいなの?変換はこちらが便利です


コインチェックをおすすめしているサイトが多いですが結構な額の送金手数料がかかります
GMOコインの場合その手数料が無料です
自分の口座からMetaMask(メタマスク) 財布に移動するだけで数千円とかとられると馬鹿らしいですよね
暗号資産の販売所は用途によって使い分けた方が良いかと思います
まだGMOコインを登録されていない方はこちら

ホームページやIT関連でお困りではないですか?

初心者さんにもとっても分かりやすいと好評です

今だけのプレゼントも配布中!

あなた専横IT係はこちら

ごえんや21ドットコム
ホームページの困った!何でも相談にのります HP作成時のお困り事から運営アドバイスまで幅広く対応!

初心者さんにもとっても分かりやすいと好評です

今だけのプレゼントも配布中!

あなた専横IT係はこちら

ごえんや21ドットコム